道立都市公園 北海道子どもの国 ヘッダーイメージ

文字サイズ

  • 小
  • 中
  • 大

ふしぎの森

世界の不思議がいっぱい

レストハウス・公園管理事務所 外観写真

世界の七不思議と言われているものを、縮尺再現し遊具などに利用しています。子どもの国の中で一番人気のある施設で、公園内の唯一の有料施設です(中学生以下無料)。
国道12号線または道央自動車道からも見えるピラミッドが入り口になっています。


利用期間:4月29日から11月13日まで

 休みの日:5月16日・7月11日・9月5日

※利用期間内であっても気象条件などにより利用できない場合もあるほか、利用を制限する区域や施設があります。

利用時間

 4月29日から9月30日までは

    午前9時30分から午後5時まで

10月1日から11月13日までは

    午前10時から午後4時まで

利 用 料

 【4月29日から9月30日まで】

 高校生以上一人一回:500円

 団体(有料者20名以上):400円

 キャンプ宿泊利用者:400円
 ネイパル砂川宿泊者:400円

 中学生以下:無料

 【10月1日から11月10日まで】

 高校生以上一人一回:300円

 中学生以下:無料

※10月1日以降は、割引き料金の設定はありません。

利用料が免除になる方

 社会福祉施設へ入所している方など、65歳以上の方

●ピラミッド

ふしぎの森の入り口になっているピラミッドの中には、子どもたちに大人気の遊具が勢ぞろい。その中でもトランポリンは、いつでも子どもたちで賑わっています。そのほかにも、5階から2階まで一気にすべりおりるスリル万点の「ドームスライダー」や、5階から3階まですべる「ラセンスベリ台」などがあるよ。
雨の日でも遊ぶことができるから「雨が降ったら子どもの国」と覚えてくださいね。(晴れた日ならもっと楽しいよ)
※授乳スペースがあります。

お知らせ

※「カタコンベ」の一部、「ファロス」「森の迷宮 迷路ゾーン」は施設のコンディションにより使用を停止していいます。

 
 
 
 
万里の長城写真

万里の長城

ふしぎの森の施設のすべてつなぐ万里の長城の総延長は850メートル、高さは最大4メートル、幅3メートル。城壁の上部はレンガ作りで下部は少しでも本物に近づくようにと、中国産の御影石で作られています。万里の長城を一周しながら、すべての施設を見て回るのには約40分かかります。

ファロス写真

ファロス

暦紀元前300年ころに古代アレクサンドリア(今のエジプト)のファロス島にあったと言い伝えられる高さ100メートルの大灯台を再現。建物の中には「世界の七不思議」の説明パネルが展示されています。

ピサの斜塔写真

ピサの斜塔

イタリアのピサ市にある斜塔と同じように傾いていて、階段がラセン状になっているため上っていくと体の重心がずれていき、建物が傾いているのが実感できるようになっているよ。乗り物に酔いやすい人は、気分が悪くなるかもしれませんのでご注意ください。

ストーンヘンジ写真

ストーンヘンジ

イギリスのソールズベリー平原にあるものを参考に作られており、スベリ台や休憩所として、かくれんぼにも絶好の舞台。実際は天文観測に使われたのでは?と想像されているため、ここには日時計を設置して太陽の動きを見て学ぶことができるようになっています。

パークゴルフ写真

パークゴルフ場

「親子でも楽しめる」ことを基本に、簡単なコースになっており、「子供のほうが上手だった」なんて言葉も聞かれるほどです。
また、無料でクラブとボールを貸し出しています(20セットしかないので交代で使ってください)

フワフワドーム写真

フワフワドーム

ふしぎの森の中でも人気の施設となり天気が良い日はたくさんの人が「フワフワ」しています。直径10メートルの円状になっており、1番高いところで約1.5メートルです。大人も利用できますので、みなさんも親子で「フワフワ」してみませんか?
(天候により使用できないことがあります)

【遊ぶときに注意すること】

  • 自分より小さな子どもに気をくばろう
  • 自分より大きい子どもの動きに気をつけよう
  • 障がいのある子どもには特に気をくばろう
  • 遊具で遊ぶときは順番を守ろう
  • 前の人を押しのけたり突き飛ばしたりしないようにしよう
  • お互いに気をくばって遊ぶようにしよう

(引用:「仲良く遊ぼう安全に【児童編】」
    一般社団法人 日本公園施設業協会)

【遊ぶときの10の約束】

  • 脱げにくいくつをはく
  • マフラーなどひっかかりやすいものはとる
  • 上着のまえを開けっぱなしにしない
  • ランドセルやカバンはおいて遊ぶ
  • ひも付きてぶくろをしない
  • 遊具にひもをまきつけない
  • ぬれた遊具で遊ばない
  • こわれた遊具で遊ばない
  • 上からものをなげない
  • とびおりない

(引用:「仲良く遊ぼう安全に 【幼児編11】」
    一般社団法人 日本公園施設業協会)